歌舞伎茶屋 吉貴

全国でもめずらしい人形美学の展示館です。歌舞伎ものを主体に                        創設者 花雲斎 紫峰(かうんさいしほう)が遺した人形芸術を公開しています。

吉貴の2階は歌舞伎の小屋の雰囲気そのもの、中央の客席の他に桟敷席もあり、しかも桟敷席には等身大の人形たちが芝居を楽しんでいる・・歌舞伎好きの先代オーナーの心の粋とユーモアが偲ばれる舞台は仕掛けがあり、鏡獅子、梅川忠兵衛 新口村などつぎつぎと場面が変わっていく、最後の石川五右衛門の絶景かなの場面はいきなり後ろを向かされ、とにかくすごいの一言!

高浜市健康自生地第3号

「歌舞伎茶屋 吉貴」

 

健康自生地とは

  • だれでも気軽に参加できて、ほかの人とのつながりや交流を楽しめるような高齢者のみなさんの居場所のことです。

  • 1階には休憩スペースがありお茶は無料

  • 本格コーヒー、別に飲み物の自販機があります

2階の劇場が貸切りできます。

この本格的な舞台であなたの芸を発表披露してみませんか

日本舞踊、能舞、詩吟、大正琴、尺八、琴の演奏会など

 

詳細は直接お問い合わせください

​無形文化財「吉浜細工人形」  2020制作

近くの柳池院と宝満寺の境内に常設展示されています。

「たかはま歳時記」      「麒麟がくる」

February 14, 2015

Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now